フォーサイト宅建は4/9の量に凝縮されたテキストを使用

フォーサイト宅建

 

「宅建士」という資格について見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか。宅建士について名前だけ知っているという方にとって、宅建士というのは不動産業界の方のための資格という認識かと思います。確かに、宅建士というのは不動産業界で求められる資格です。しかしながら、宅建士という資格の取得を目指している方の中には不動産業界外の方も多く存在するものです。つまり、宅建士というのは不動産業界だけではなく、さまざまな業界で活用することのできる資格なのです。
宅建士は、不動産の売買や賃貸の仲介なども行っていくのですが、その中でも重要となってくるのが「重要事項の説明」というものです。この「重要事項の説明」というのは宅建士しかできない仕事です。しかも、「重要事項の説明」というのは必ずといっていいほど必要になってくる業務です。だからこそ、この仕事ができる宅建士が求められているのです。不動産の売買や賃貸の仲介というと、不動産業界のみに関係しているように思えるかもしれませんが、不動産というのは財産にもなるものです。そのため、金融業界といった不動産業界以外のところでも宅建士は求められるのです。

 

フォーサイト宅建の特徴

フォーサイト宅建の特徴としてまず挙げておきたいのが、その合格率の高さです。というのも、宅建の合格率というのは全国平均であればだいたい15%前後といったところです。しかしながら、フォーサイト宅建を利用した方の合格率というのはなんと60%以上なのです。宅建の本試験終了後に全受講生にアンケートを配布し、そこから集計したデータとなっています。もちろん、アンケートに答えていない方というのもいるでしょうが、そういったものを差し引いたとしてもかなりの合格率です。

 

 

何かの資格取得を目指すときに、まずは勉強方法というものを選択する必要があります。勉強方法を選択する際には、やはりその勉強方法の合格率というものを見ていきたいものです。簡単に言ってしまえば、合格率の高い勉強方法を選択すれば、それだけ合格まで近道ができるのです。フォーサイト宅建の合格率の高さというのは圧倒的ですし、この合格率だけでフォーサイト宅建を選んでもいいくらいでしょう。通信講座で確実に合格したいという方であれば、フォーサイト宅建を選択すべきです。十分な決め手になるだけの合格率を誇っているというのもフォーサイト宅建の特徴なのです。

 

フォーサイト宅建の特徴ですが、学習カリキュラムもかなり特徴的です。宅建の資格に限らず、何かの試験を受けるとなったときに試験において高得点を狙いたい、満点を目指したいという方も多いのではないでしょうか。確かに、100点満点のテストがあれば、100点を取ってみたいと思うものです。しかしながら、宅建の資格試験においては、その得点というのはあまり意味がありません。というのも、合格ラインの点数をとっておけばそれで資格を取得することができるのです。満点でないから合格できないということもありませんし、むしろ満点とったからといって何かご褒美があるわけでもありません。言ってしまえば、合格ラインさえ超えておけばいいのです。

 

フォーサイト宅建は4/9の量に凝縮されたテキストを使用

 

フォーサイト宅建では、満点ではなく合格ラインを狙うための学習カリキュラムが組まれています。多くの方は「試験範囲を完全に網羅しなければ」と思ってしまうものです。実際に、そういった考え方で資格試験の合格を目指している方も多いでしょう。しかしながら、フォーサイト宅建では、そういった考え方を完全に排除しています。必要なところを必要なだけ抑えていくというスタイルといっていいでしょう。だからこそ、効率的に勉強を進めていくことができるのです。合格への道も遠回りする必要がありません。

 

そもそも宅建士試験は50問あるのですが、その中で36問以上を正解すれば合格となります。つまり、36問正解というのがひとつのラインになってくるわけです。この合格ラインを確実にクリアできるように考えられているのがフォーサイト宅建なのです。余計なものは詰め込まずに、合格ラインを超えるのに必要なポイントだけを抑えたテキストに仕上がっているのです。

 

フォーサイト宅建は4/9の量に凝縮されたテキストを使用

 

このテキストもかなり充実しています。テキストにもいろいろなものがありますが、文字だけのテキスト、白黒のテキストというのはあまりモチベーションが上がらないという方も多いのではないでしょうか。つまり、テキストの仕上がりというのがその後のモチベーションにも大きく関係してくるのです。その点、フォーサイト宅建のテキストはモチベーションを高め、そのモチベーションをキープするのに適しています。というのも、覚えやすいようにテキストはフルカラーとなっていますし、図表やイラストもふんだんに使われているのです。ただ覚えていく、記憶していくというだけではなく、目でも覚えられるような仕上がりになっているのです。だからこそ、楽しみながら勉強を進めていくことができるでしょう。

 

また、テキストの分量にも注目しておきたいものです。本屋さんに行ってみればお分かりになるでしょうが、宅建のテキストというのは分厚いものが多いのです。分厚いテキストというのは、それだけでモチベーションが下がってしまいますし、持ち歩きにも不向きです。しかしながら、フォーサイト宅建の場合には全部を網羅するのではなく、合格ラインを目指していくスタンスですので、テキストの内容もかなり絞られてきます。効率的な学習スタイルを目指していくからこそ、一般的に市販されているテキストの半分ほどの薄さに仕上がっています。「これならできる!」という自信にもつながってきますし、そこからモチベーションも上がってくるのではないでしょうか。テキストの分量が半分になるということは、勉強する量も半分になるということです。全部を網羅する時間で、必要なところを何度も復習するということも可能になってくるのです。こういった勉強方法が確実な結果につながってくるのです。

 

基本的に、フォーサイト宅建の教材というのはすべてにおいて高いクオリティーを保っています。先でもお話ししましたが、テキストはフルカラーで必要なところにはマーキングがありますし、図表やイラストも豊富です。読みやすいだけではなく、わかりやすい仕上がりになっているのです。市販されている宅建のテキストというのは、それこそ山のようにあるのですが、その中でもフルカラーというのはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。フルカラーというのは、思っている以上に勉強に良い影響を与えるものです。明るい配色だからこそ楽しみながら勉強を進めていくことができますし、カラーによって記憶しやすくなるという部分もあるのです。実際に、白黒だけのテキストと比べてみれば、その違いというものを実感することができるでしょう。

 

フォーサイト宅建ではそのテキストの理解をより深めていくために、講義がついてきます。この講義にもかなりの力が入っているようで、フォーサイトの専用スタジオで収録されたものなのです。専用のスタジオというだけでも驚きなのですが、それに加えてハイビジョン撮影となっているのです。専用スタジオでのハイビジョン撮影による講義映像は、まさにフォーサイト宅建でしか利用することはできません。講義の内容はもちろん、音質や映像ともにハイクオリティーです。講義中には電子黒板が使われますので、そこでテキストの内容を確認しながら、より深い勉強をしていくことができるのです。

 

フォーサイト宅建は4/9の量に凝縮されたテキストを使用

 

これだけの内容に仕上がっているのにも関わらず、フォーサイト宅建は非常にリーズナブルな価格になっています。テキストも講義も非常にハイクオリティーなのですが、かなり良心的な価格になっているのがフォーサイト宅建の特徴のひとつでもあります。先にフォーサイト宅建のテキストや講義の内容を知れば、「これはお高いのだろうな・・・」と誰もが思うはずです。しかしながら、パックになっているコースであっても10万円前後といったところなのです。コースによっては6万円台で受講することも可能です。フォーサイト宅建のような通信講座は他にもいろいろあるのですが、そういったものの相場から考えてもかなり良心的な価格です。

 

コースの選択というのは基本的に自分次第になりますので、パックコースではなく、単科講座のみの受講といったものも可能です。そうなってくると費用はさらにお得になりますし、本当に数万円で充実した勉強をすることができるのです。必要に応じて自分に必要なものだけを選ぶことができるというのも魅力になってくるのではないでしょうか。

 

ただ、これだけ内容が充実しているのにリーズナブルな価格となってくると、ありがたいだけではなく、不安な気持ちになってくる方もいるかもしれません。中には、「あとから費用を追加されるのではないか・・・」と思っている方もいるかもしれません。確かに、後から追加できるようなサービスもありますが、基本的に自分の意思に関係なくお金を請求されるということはありません。

 

フォーサイト宅建は4/9の量に凝縮されたテキストを使用

 

では、なぜここまでリーズナブルな価格を実現させることができているのでしょうか。その理由は、宣伝費と人件費を大幅にカットしているということです。基本的にフォーサイト宅建というのは、大々的には宣伝していません。口コミや評判で自然と知られるようになっているので、その必要がないのです。スクールのような場所も必要ありませんし、そこで雇う人件費も必要ありません。こういったところにお金を使う必要がないからこそ、ハイクオリティーな教材をリーズナブルな価格で提供することができるのです。

 

また、フォーサイト宅建ではサポート体制も充実しています。Eメールでの質問サポートをはじめ、インターネット学習システムの利用やメルマガなどもあります。細かなところまでぬかりなくという感じなのです。

 

ホーム RSS購読